最新のお知らせ

2021 / 01 / 11
08:19

【のろさに付き合う神さま】2021年1月10日(日)新年礼拝説き明かし

【のろさに付き合う神さま】2021年1月10日(日)新年礼拝説き明かし

■旧約聖書:詩編23編■(日本基督教団 徳島北教会 新年礼拝)

「のろさに付き合う神さま」

新年明けましておめでとうございます。

昨年、2020年は皆さんにとってどんな1年でしたか? 何を言っても「コロナ」の話題が私たちの頭から離れることがなかったのではないでしょうか。

このコロナのおかげで、私たちの教会の歩みも随分鈍くなったのではないかと思います。

しかし、兎にも角にも私たちは、自分たちに可能な限りの方法を使って、礼拝を死守してきました。これからも私たちは、春夏秋冬絶えることなく、礼拝を行うでしょう。礼拝は教会の中心だからです。

今日は、詩編23編の特に4節に注目してみたいと思います。ここには「あなたの鞭、あなたの杖、それがわたしを力づける」とあります。杖は私たちが倒れそうになった時、支えてくれます。しかし、鞭は私たちが惰眠を貪りそうになる時に、「起きて、歩きなさい」と促してくれるのです。

私たちの歩みは「牛歩」かもしれませんが、それでも「ゆっくりと、しっかりと」歩み続けることが大切です。神さまはこのゆっくりとした歩みに、鞭と杖を携えて付き添ってくださいます。それを信じて、この新しい年も進んでまいりたいと思います。の新しい1年もゆっくりと、しっかりと歩んでいきましょう。

今年もよろしくお願いいたします。

 

2021 / 01 / 06
18:55

新年礼拝のお知らせ(2021年1月10日(日))

新年礼拝のお知らせ(2021年1月10日(日))

新春あけましておめでとうございます。皆様におかれましては、年末年始をいかがお過ごしになられましたでしょうか。

徳島北教会は例年、新年の第1日曜日はお休みさせていただき、第2週に新年礼拝を行っております。

今年は来る1月10日(日)の午前10:30から、教会の礼拝堂で行います。

ただ、説き明かしを行う牧師は、平日の勤務先が大阪府内にあるため、警戒レベルがレッドステージの間は来徳を控えております。そのため説き明かしはインターネット経由の動画ライブ配信でメッセージを語らせていただきます。

礼拝堂で礼拝に参加される方も、マスクは必ず着用してくださいますよう、お願いいたします。手指の消毒用のジェルは教会に備えてありますので、どうぞご利用ください。礼拝堂でご着席なさる場合は、隣の方と1人分空けてお座りくださいますよう、お願いいたします。

当日ライブ配信はこちらから。https://www.facebook.com/tokushima.k/

もしこちらでご視聴いただけなかった場合はこちらをどうぞ。https://www.facebook.com/masakiat/

2020 / 12 / 24
09:18

「ひとつ屋根のもとの安らぎ」(2020年12月20日(日)クリスマスのメッセージ)

「ひとつ屋根のもとの安らぎ」(2020年12月20日(日)クリスマスのメッセージ)

2020年のクリスマスのメッセージを公開しました(12月20日(日)の日曜日にお話ししたものです)。

イエスの誕生を描いた有名なクリスマスの場面をもとに、なぜこれが教会の原点なのかというお話をしました。

原稿とライブ録画を掲載したウェブページへ、以下のリンクからお入りください。

「ひとつ屋根のもとの安らぎ」

2020 / 12 / 13
12:06

年末年始の礼拝のお知らせ

アドヴェントの日々を皆さまいかがお過ごしでしょうか。
2020年末から2021年始の礼拝のご案内をいたします。

12月20日(日)午前10:30より「クリスマス礼拝」を徳島北教会の礼拝堂で行います。ただし、富田正樹牧師は平日大阪府勤務なので、感染防止のためにリモート参加いたします。説き明かしもリモートで行います。

12月27日(日)午前10:30より「歳末礼拝」を徳島北教会の礼拝堂で行います。高木総平牧師は礼拝堂で礼拝のご奉仕をされます。

2021年1月3日(日)は礼拝はお休みです。

1月10日(日)から礼拝が始まります。この日は「新年礼拝」です。徳島北教会の礼拝堂で行いますが、富田正樹牧師が礼拝堂に出席するか、リモートで参加するかは未定です。

いずれにしろ、富田牧師の説き明かしは、Facebookでライブ配信する予定です。

富田牧師のFacebook(日曜日の10時30分からライブ配信)

 

 

2020 / 12 / 06
17:43

「危機を乗り越えた女性たちの子ども」(2020年12月6日(日)アドヴェント第2礼拝)

「危機を乗り越えた女性たちの子ども」(2020年12月6日(日)アドヴェント第2礼拝)

2020年12月6日(日)アドヴェント第2礼拝の説き明かしと公開しました。

「危機を乗り越えた女性たちの子ども」

イエス様のお誕生をお祝いする前に、福音書記者マタイが、誕生物語よりも前に述べておかねばならないと考えた、イエス・キリストの系図についてのお話をしましょう。この系図は大抵の人がここから読み始めて新約聖書を読むのを挫折してしまうところです。

けれども、この系図の面白いところは、古代の系図には珍しく、女性の名前が5つ織り込まれているところです。これらの女性たちは決して、高貴な生まれであるとか、何か栄光に満ちた生涯とか素晴らしい行いをしたと言えるかというと、そういうわけではないんですね。

そうではなく、むしろ人から蔑まれ、後ろ指を指されるような存在であったけれども、それを自らの機知と行動力によって、ある人は耐え抜き、ある人は苦境を切り抜けて生きた人です。言うなれば泥臭い人たちなんですね。

マタイが言いたかったのは、イエスとは、こんな泥臭い人生を生きた力強い女性たちの子どもなんだということ。イエスにつながる系譜は、このような泥臭い女性たちの子どもなんだと、その女性たちへのリスペクトをこめて、この系図を作ったのではないでしょうか。

Today's Schedule