教会では何をやっているの?

定期的な集まり

主日礼拝

毎週日曜日後午前10時30分より、主日礼拝を行っています(1時間半から2時間程度)。

主日礼拝では、賛美歌を歌ったり、聖書を読んだり、お話(説き明かし)を聴いたり、話し合ったり(分かち合い)、お祈りをささげたりします。(日曜日のことを、キリスト教では主日(主の日)、または聖日(聖なる日)と呼びます)

 月に1回、「聖餐式」(せいさんしき)が、礼拝のなかで行われます。パンでキリストの体を表し、ぶどう液でキリストの血を表して、それを食べ、飲むことでキリストの命をいただき、仲間としてのつながりを強める儀式です。徳島北教会の聖餐式は、希望する方はどなたでも参加することができます(フリー聖餐)。

 徳島北教会の礼拝の特徴は、参加者全員で、1つのテーブルを囲んで礼拝をおこなうことです。

 讃美歌は『讃美歌21』、聖書は『新共同訳』を使っています。教会に備え付けのものがありますので、それをお使いください。

 礼拝のなかで、「献金」がありますが、おささげになる金額は自由です。

愛餐会(あいさんかい)

 第1・第3日曜日の礼拝後は、持ち寄りの昼食会を行っています。どなたでも、いっしょにお食事をしたり、楽しい会話に参加できます。

 教会にいらっしゃって間もない方は、食べ物を持ってこなくても結構です。持ち寄りは義務ではなく、自発的にされています。

こころの会

 第3日曜日の礼拝後、午後1時半から3時半まで、心の病や重荷を抱えている人どうしが、思いを語り合い、少しでも苦しみから解放されることを願いながら行っている、グループ・カウンセリングの会です。

 コーディネーターが司会をするなか、それぞれが絶対に他人にさえぎられないで、自分の思っていることを話し、他の人はしっかり耳を傾ける。それを順番に続けることで、それぞれが苦しみから抜け出すための気づきを与えられることを目指しています。

1
Today's Schedule